予定帝王切開での出産レポ(3)出産当日 @関東労災病院

いよいよ出産当日。

スポンサーリンク

手術室に入るまで

昨日早く寝たから朝5時半頃目が覚める。私は今日の手術が2番目だったからお水は6時までOKと言われていたので、5:45くらいに最後のお水をがぶ飲み。朝ご飯も食べれないし何もやることが無いけど、もうそわそわ落ち着かない。

7:00 検温と赤ちゃんの心音チェック。赤ちゃん元気ですよ~と言われる。

8:30 日中の担当看護師さんと挨拶。手術はお昼前になりそうと言われる。午後かな~と思ってたから緊張。看護師長さんもその後来てくれて挨拶。良く眠れたか聞かれたので、部屋が暑くて最初眠れなかったことを伝えてみた。3月は空調入れても暖房になっちゃうから窓開けるのがよいみたい。もしや暖房になっちゃってた!?そりゃ涼しくならないわ・・

9:00 執刀医の先生が点滴の針刺しに来てくれた。過去に点滴の針刺すのをを何度も失敗された経験があってトラウマだったけど、一発で成功。さすが。第一関門クリアでひと安心。その後に看護師さんが無事に針がささったか確認しに来てくれた。手術前に点滴2本とのことで、早速管がつながれる。トイレも点滴を持ってガラガラ押しながら。

10:00 パパ到着。上の子は病院でずっと待たせるのも退屈だろうし、保育園に預けてきてもらった。それに術後すぐに「ママ~」ってなっても起きれないし何もしてあげられないので、会うのは術後の痛みが落ち着いてからの方が良いと思って。

10:50 看護師さんが来て、「あと10分くらいで手術室行きますよ~、ズボンは脱いで弾性ストッキング履いてくださいね~」と言われる。私の前に手術した人も無事に出産したって。

思ったより早い!あと1時間くらいあると思ってた!!心の準備があぁぁ!!!!笑

10:55 義両親到着。私の母は仕事が忙しいので今日は来ない。

11:00 看護師さんが迎えに来た。もはやこれまで。もう覚悟を決めるしかない。義両親とは部屋でお別れです。

あ~こわい。でもがんばります。行ってきます!!!!!!

手術室 ~出産~

点滴ガラガラ押しながら看護師さんとパパと手術用のエレベーター乗って、手術室がある階へ。パパとは手術室前でお別れ。がんばってくるね・・!!(T_T)/
中に入ると3人くらい看護師さんが待機していて、手術室前の待合?みたいなところで名前と手術名を聞かれ、「帝王切開」であることを答えた。

麻酔(腰椎麻酔)

手術室に入ると産衣を脱ぎ、早速横になり背中を丸めるよう指示される。いよいよ麻酔。まだ手術室入ったばっかりなのにもう!?まだ心の準備ができてない(笑)!

麻酔は骨押されるのが少し気持ち悪かったくらいで注射の痛みはそんなに無く(採血くらいで一瞬)、すぐ足先がじんわり温かくなってきた。麻酔も点滴と同じくらい不安だったので、痛くなくてひと安心。ここを乗り越えればもうあとは先生に身をゆだねるのみ!

みるみるうちに下半身に痺れっぽいものが来て感覚が無くなってくる。麻酔が胸のあたりまでいくように、ベッドが傾いて頭が若干下になってる。何度も脱脂綿で肩のあたりから胸のあたりまで冷たさを確認された。冷たくない場所は麻酔が効いていて、冷たい場所は麻酔が効いていない。この冷たさの判断は慎重にしました。だって冷たくないって言ったら麻酔効いてるって判断されて手術始まっちゃうもん(笑)

「ここ冷たいですかー??」

「う~ん・・冷たい・・かも??どうだろ・・悩」

みたいな(笑) 先生困っちゃいますよねすいません。でもこちら必死なんで!!

でもどうやら上まで効き過ぎてたみたいで、ベッドの頭を起こすように指示されてた。それはそれで怖いんですけど。

麻酔の効きを確かめられている間に血圧とか心電図の機械もすばやくつけられてて、顔の前にはタオルやらビニール(?)やらで覆いがかけられた。手術中はコンタクトも眼鏡もつけられないのですが、そうなるともう見渡してもボヤけて何も見えない状態。そんなこんなで準備が整った模様。

手術開始 ~出産~

先生が1人増えて手術開始。執刀医が研修医だったからか、他の先生が指示しながら手術。でも声小さすぎて何言ってるか何も聞こえない(笑) もう気分はまな板の鯉。いや、解剖中の蛙か。

何が起こっているのか術中は特に説明もされなかったけど、なんか焦げ臭い匂いがしてきた。もしかして電気メスとかで切ってるのかな?前回、ケアが悪くて術痕がケロイドになっちゃったから、ケロイドもきれいに切ってくれてるのかな~なんて思いながらぼーっとしてた。麻酔が効いてるから感覚も無い。(ちなみに、前回と全く同じところを切るからケロイドもきれいにするって入院前に言われてました。)

前回は違う病院で、手術始まって5分くらいで出てきたイメージだったけど、今回は色々慎重なのか出てくるまで30分くらいかかった。研修医に教えながらだから時間がかかったのか。もしくは逆子だったから色々作戦練ってたのかな?声が全く聞こえないから分からないけど。

しばらくして頭上の看護師さんから、「赤ちゃんの足出てますよ!」って言われた。おぉ。ついに。

おなかをぐいぐいやられて引っ張られてるような感覚があったあとに、「おめでとうございまーす!!」って。

おめでとうって言われてからちょっと間があって、赤ちゃんがオギャー!!って元気よく泣いてるのが聞こえた。恐らく羊水とか吸ってもらってて泣くまで時間がかかったのかな?

産まれた・・・良かった・・・

看護師さんに眼鏡をかけてもらって、赤ちゃんの手だけ触らしてもらえた。気づくと手術室にハッピーバースデイの曲がかかってた。

11:46に産まれて、赤ちゃんはきれいにしてもらって12:00くらいには手術室を出て行ってた。一足先に部屋に連れて行って、待ってる家族と面会するみたい。

誕生後

先生に眠りたいか聞かれた。入院前に手術の説明受けた時、鎮静剤使いたいか考えといてって言われたから考えてたんだけど、結局使わなかった。鎮静剤使うとしばらくウトウトしちゃうみたいだから、部屋に戻った時に家族とはっきり話せないかもしれないと思って。義両親もいるし。あと鎮静剤ってどんな感じになるか分からなかったし。

でも今思えば鎮静剤使えば良かった・・・。産後の処置に1時間くらいかかり、思いのほか時間がかかったので暇だったのと、なんだか苦しくなっちゃって辛かったので。なんだろ、胸のところに重いものを乗せられてるみたいに息がしづらくて一生懸命息してた。でもなんか先生に言えなかった。別に数値には異常なかったのか先生からは何も言われなかったし。まさか本当に器具とか乗せられてたわけじゃないだろうし・・ちょっと出血が多かったみたいだから貧血だったのかな。

そんなこんなで目をつむってがんばって深呼吸しながら耐えること1時間。最後にレントゲンを撮られて終了。13時くらいに手術室を出ました。処置が終わってからは苦しくなくなった。

ベッドに乗せられてから部屋に行くまで先生に色々説明された。子宮が薄くなっているから妊娠はあと1回が限度。子宮が厚くなるように縫ってはいるけど、あと2回は厳しそうと。あと、赤ちゃんはへその緒がマフラーみたいにグルグルまきついてたから、最初から帝王切開で良かったと。そうだったのか・・がんばったね赤ちゃん(泣)

へその緒が巻き付いてたから取り出すまで時間がかかったのかな。あと子宮が厚くなるようにとか丁寧に処置してくれてたから術後の処置も時間がかかったのかな~なんて思いました。

エレベーターを待ってる時に先生に赤ちゃんの名前を聞かれたから答えた。まだ誰にも名前を言ってなかったから、初めて名前を公表する相手が先生でなんか複雑(笑)。

そしてエレベーターを待っている時にはもう麻酔が切れ始めてて、お腹が徐々に痛み出した・・!!

前回は硬膜外麻酔だったから手術翌日の朝までずっと背中から麻酔を入れてくれてたんだよね。腰椎麻酔のみだともう痛み始めるのかー!!先生に「お腹が痛くなってきました」って言ったら、「あぁそろそろ麻酔が切れ始まる頃ですね~、戻ったら痛み止め入れましょうね」って言われた。

部屋に戻ってから

9階の部屋に戻ったら赤ちゃんと家族がいた。先生がパパに、へその緒がグルグル巻きだったことと、妊娠はあと1回って説明してた。

私はお腹が痛くなってたから、早速看護師さんに座薬を入れてもらうことに。座薬は入れてから次まで4時間空けないといけないらしい。30分くらい話してから、パパたちはお昼ご飯を食べに行った。座薬入れたからお腹の痛みはマシに。その間にLINEで母親とか友達に出産報告。

30分~1時間おきに看護師さんが来て、検温・血圧、腸の動き、子宮収縮の具合を見られた。腸の動きは聴診器をお腹に当てて音を聞いてた。お腹開けてるから、腸がちゃんと動いてるか確認するのが大事みたい。

赤ちゃんはずっと部屋にいたけど、ずっと寝てた。私は明日の朝まで寝たきりなので、コットにいる赤ちゃんをチラチラのぞくくらいしかできない。顔は良く見えないけど、産まれたてでなんだか顔がゴツゴツしてるなぁ~。ベッドから手をのばして赤ちゃんの写真をがんばって撮った。

それがこれ

湿度が低いのか口が渇いちゃって咳の危険性を感じ、マスク装着。マスクしたらだいぶ楽になった。帝王切開後は傷にひびくので咳は超危険!!マスク必須です。

パパが16:30頃に上の子をお迎えに帰ったあと、看護師さんが赤ちゃんを私の横に寝かせてくれたからちょっと観察できた。この子がさっきまでお腹の中にいたなんて不思議・・。看護師さんが授乳にトライしたけど、最初ちょっと吸ってなめてるくらいで吸い付きはしなかった。

そのあとは赤ちゃんを預け、お腹も痛かったからウトウトする痛み止めの点滴を入れてもらったら良く寝れた。鎮静剤ってこんなかんじだったのかな。赤ちゃんもK2シロップとミルクを10cc飲ませてもらって、元気みたい。

今日は夜に陣痛とか破水の連絡が来まくってるらしく、看護師さんがバタバタしてた。大変だ。私は日付変わるくらいにまたウトウトする痛み止めの点滴入れてもらって、朝まで寝た。途中何度かぼんやり起きたけど、頭がぼぉ~っとするし眠いからまたすぐスゥーっと寝れる。夜中に2回くらい点滴が無くなって、看護師さんが変えてくれた。丸1日何も食べずにずっと点滴してるだけだけど、お腹もすかないし、痛み止めで痛くないし、点滴すごい。

まとめ

関門は点滴と麻酔の注射。これさえ乗り越えればあとは寝てるのみ。術後は痛かったらまず座薬入れてもらって、そのあとはウトウトする痛み止めの点滴2回で寝ちゃうので乗り切れました。座薬は最初の1回しか入れていません。

硬膜外麻酔じゃないからすぐ麻酔切れちゃうんだな~って怖かったけど、初日でも痛み止め使えば痛みをコントロールできて良く眠れました。痛かったら看護師さんに言えば対策してくれるので、遠慮無く言って良いです。気をつけるのは咳くらい?笑

初日は寝たきりなのでそんなにがんばることないけど、明日はいよいよ起き上がります。起き上がってトイレに行かないと導尿を外してもらえない!ここが産後最初のがんばりどころですね!

スポンサーリンク