【ネタバレ有り】『グレイテスト・ショーマン』になぜこんなにも魂をゆさぶられたのか

珍しく映画館で映画を見たので、感想を。

そもそも私は涙もろい&感情移入しやすくて映画観ると疲れるので(笑)、そんなに映画を見るタイプでは無いのです。でも出産したらできないことの一つとして「映画館で映画を観る」があり、同じく出産前の友達と行ってきました。確かに、前回出産してからレンタルして観たことはあるけれど、映画館で映画観てない!3年ぶりくらい!

で、何観ようか~と調べたら、なんだか話題になっていた『グレイテスト・ショーマン』。あらすじも何にも知らず、どうやら「実在の人物の話」、「ミュージカル映画」という情報のみで行ってきました。友達もインスタで3回観たって投稿してたし、面白いのかもね?程度で選択。

結果、とてもとてもとて~も良かった!!!見終わったあとの満足感が半端じゃなかった。こんなに良かったと思えた映画は久しぶりでした。でも映画好きの方々のレビューを見ると賛否両論ですね。むしろ「否」の方が多くて驚いた。でも何も知らないで見た私にとっては最高でしたー!!!!!

スポンサーリンク

良かった点

映画館の環境

まず、ミュージカル映画ってだけで謎に気合いを入れて最高の環境にしました。

それは、TOHOシネマズの巨大スクリーン「TCX」と革新的映画音響「DOLBY ATMOS」!!通常より120%大きいスクリーンとリアルな音がウリらしい。追加料金200円です。
※詳しい説明はこちら:TOHOシネマズHP

確かにスクリーン大きかった。そして何より音が良かった。激しいダンスシーンを伴う歌の時は迫力がすごかったし、バラードや静かなシーンでも1つ1つの音が鮮明に聞こえました。靴の音だけでもすぐ横を歩いているみたいなリアルな感じ。追加料金200円だけど、迫力とか音にこだわるならオススメ。

※以下、ネタバレを含むので鑑賞前の方はご注意ください。

ストーリー

ざっくり言うと、超絶貧困な少年時代を過ごしたP.Tバーナムが幼なじみの令嬢チャリティと結婚し、2人の娘と貧しいながらも幸せに暮らしていたところ、一発当てようとしてサーカスを始めたら大当たり。途中、ちょっと調子に乗っちゃったバーナムは何もかも失うけれど、また仲間たちと一からやり直して大成功するというお話。

ただサーカスを成功させようとするお話なのかと思っていたけど、思ったよりテーマが深かった。「差別」「貧困」が大きなテーマだと思うけれど、私がグッときたのは「家族のあり方」。

・娘2人が登場するたびに号泣

これは多分、私に娘がいるから。一緒に観た友達はこんな泣いてなかったので。

でも、この娘2人のかわいさが尋常じゃないんです。パパのこともママのことも大好きで、貧乏でもまっすぐ、そしてけなげに育っている姿を見るたびに自分の娘を思い出してボロ泣きでした・・まだうちの娘2才だけど(笑)

いや、なんか、家族って嬉しい時だけじゃなく、辛い時や悲しい時も常に一緒に過ごして乗り越えていかなくちゃいけないんだなと再認識させられてね。

途中、調子に乗っちゃったバーナムが娘のバレエの発表会に行かなかったシーン、娘はやっぱりパパに発表会を見に来て欲しくて主役で嬉しいはずなのに悲しそうな顔をしたり。バーナムがヨーロッパ遠征に行く時も娘2人が「行かないでパパー!」と泣き叫んだり。貧乏から大富豪になって何不自由なく過ごしていたであろう娘たちでも、パパがいなければ何も意味が無い感じ。バーナムも自分と同じような貧乏を娘たちに味わわせたくないあまり、お金に目がくらんでどんどん道を外していくんですよ。根本は「家族」が大事ということ。

バーナムもチャリティも娘たちのことをとても大きな愛で包んでいるところが良く描かれていたと思います。

一方、うちは夫が単身赴任で普段一緒に暮らしていないし、私も日々スケジュール通りにこなすことにいっぱいいっぱいでちゃんと娘と向き合えていないなと思ったら泣けてきまして(笑)。
毎日娘をガミガミ叱ってるし、「遊ぼー」と言われても「ご飯作るから待ってね」と言ってあまり遊んであげられてないし。とは言え、時間が空いた時には娘がテレビを見ているのを良いことに携帯ゲームしてたり。ほんと反省・・・。

今の娘の瞬間は今しかないのに。しかもあと少しで第二子が誕生して、娘と2人で過ごすのも今しかないのに。

ってかんじでこの映画観てたら10分に1回は泣いてた。それほど私にはグッときた何かがあって、「家族のあり方」について非常に考えさせられたのでした。

・差別

バーナムは普通差別されるような人「ユニークな人たち」を集めてサーカス団を結成します。黒人というだけで「奴隷やメイドのようだ」として上流階級から白い目で見られたり、普通と少し違う人たちは避けられたり隠されたり。生きる希望を見失っていた人たちをバーナムは輝かせ、一躍人気者にします。

お金目当てのサーカス団結成だったかもしれないけど、バーナムはサーカスの仲間たちにとって恩人であり、生きる希望を見つけてくれた大切な家族になった。

バーナムの考え方もとってもポジティブで、見ていて気持ちが良かったです。

圧巻のミュージカルシーン

出てくる人みんな歌もダンスもすごい迫力で、見応えがありました!え、この人も歌やダンスこんなにうまいの!?って思うくらい。逸材を揃えたんだなーと感心しました。

まぁ何よりヒュー・ジャックマンとザック・エフロンのかっこよさも際立ってます。ダンスキレキレだし、歌も上手。見終わったらサントラが欲しくなります。

ちょっと良く分からなかった点

銀行からのお金の借り方

最初にバーナムが博物館を買った時、前働いていた会社が所有していた船(もう沈んでしまっている船)を担保に銀行からお金を借りていたんですが、銀行は何の意味も無い紙きれ一枚を信用して大金貸す!?というところがちょっと現実味が無かった。

どうやら史実とは違う点のようで、こういう適当なところが映画の評価を下げている要因みたい。でもまぁテンポ良く話は進んでいたし、そこまで気にならなかったかな。

サーカス団がやたらと非難を浴びている

途中から急に野蛮な人たちが毎日怒号を浴びせにくるんですよね。「街から出てけー!」って。こいつら何者?何に怒ってるの?とちょっと混乱しました。サーカス見終わった後に建物に残ってケンカ始めたりしてたけど、そんなに裕福でもなさそうなのにお金払ってまで嫌がらせ?というところの詳しい説明がされてなかった。

恐らくサーカス団への差別や偏見、バーナムをペテン師とする非難から来るものと捉えました。

最後にバーナムが象に乗って登場

いやいやいやいや(笑)

いくら雪降ってるからって明らかに象に乗った方が時間かかるでしょ。象も寒いでしょ。このあと象どうするの。

とツッコミどころは満載でしたが、まぁ面白かったし細かいことは気にしない。家族4人が幸せならそれでいい!

余談

映画が最高すぎたので、帰りに千疋屋で友達と映画の感想を語りました。そこで食べたパフェのご紹介(笑)

ストロベリーヨーグルトパフェ 1,836円(税込)

ボリュームすごいけど、ヨーグルト味だからさっぱり食べられました。あぁ幸せな一日♪♪

まとめ

めまぐるしく話が進んでいくので細かい描写が足りないところは否めませんが、それでも「終わりよければ全て良し」と言えるほどの大ハッピーエンド!歌もダンスも最高で、話もポジティブなので見終わった後に「明日からまたがんばろう!」と思えます。

私は自分と重ねて号泣しまくっていましたが、普通の人はそんなに泣かないかな?笑

何度も映画館で見たいと思う気持ちが良く分かる!そんな素敵な映画でした。サントラ欲しい。
そして映画を見終わったら、おいしいものを食べながら映画の感想を語りあって余韻にひたるのがオススメです♪

それでは!

スポンサーリンク