階段上にベビーゲートを設置。狭小住宅のわが家には『スルする~ゲイト』がぴったりだった

どうも、れいなです。

一戸建てにお住まいの方はもちろん、マンションの方も赤ちゃんがいるとゲートの購入について悩みませんか?

たくさん種類があって分からない。どこに設置する?そもそも必要?

場所としてはキッチンや階段に設置する人が多いですよね。

うちはつい1ヵ月前に階段上にゲートを初めて設置したので、どうやって選んだか、使い勝手は良いかなどレポしたいと思います!

スポンサーリンク

ゲートを階段上に設置するに至った理由

うちは2才の娘がいるのですが、これまでゲートはどこにも設置していませんでした。本当はキッチンに欲しかったのですが、引っ越す前のマンションは物理的につけられない間取りの家で・・

最近戸建に引っ越したので改めて検討したのですが、もう2才だし今更なーってことで、やっぱりつけてなかったんです。階段上につけた方が良いかなとも思っていましたが、昇り降りさせてみるとちゃんと一人でできていたので、ゲートをつけなきゃいけないほど危なくないなと判断しました。

ではなぜ1ヵ月前につけることになったのか!?

・・・急きょ実家の犬を1ヵ月ほど預かることになったから!!!

娘には使わず耐えてきたのに、ここにきて必要になるとは。実家の犬はミニチュアダックスなんですが、目もほとんど見えず、耳も聞こえないもう15才の老犬です。預かることが決まった時、まず家の階段から落ちることが容易に想像できたので、急きょ階段上にゲートを設置することに。

あ、ベビーゲートって言ってるのに、実際使ってるのは犬のための話ですみません(;・∀・)

階段上に設置できるゲートは意外と少ない

ゲートならなんでも良いわけじゃないんです。階段上に設置できるゲートは、いくつか条件がありました。

「階段上対応可能」か

階段上でゲートに寄り掛かって落ちたら大変なので、まず「階段上にも設置可能」っていう条件のゲートを探さないといけません。ゲートの説明に書いてあるので、必ずチェックしましょう!

壁に直接穴を開けてネジやビスを打ち込んでも平気か

階段上でゲートにちょっと負荷がかかっただけで下に落ちちゃうと大変なので、階段上タイプは必ず壁にネジやビスを打ち込んでしっかりと固定することになります。賃貸だとちょっと厳しいですね。

また、ネジを打ち込んでも簡単に外れないよう、設置箇所は柱や下地の入っている箇所を探さないといけません。ホームセンターなどに売っている下地探しのグッズで探してみましょう。

手すりの位置

これ、うちもそうなんですが、手すりの位置が邪魔で壁と壁の間にゲートが設置できないことに気がついたんです。

それがこれ。

既にゲート設置後の写真ですが・・この手すりの位置が幅といい高さといい、絶妙に邪魔なんですよね!イメージとしてはこの手すりのある位置にゲートを設置するかんじでしたが、つけられなさそう。

となると、その手前の壁に設置できるタイプじゃないとうちには無理!

結果、購入したのは巻き取り(ロール)タイプのゲート

こちら!

スポンサーリンク
結構急いでいたので、金曜にネット注文して日曜午前中に届けてもらいました!

届いたー!細長いの来たー。

細長すぎて全体像撮ろうと思ったらなんだか微妙な写真に(^-^;

夫が設置しましたが、電動ドライバー無いと無理そうです。うちはこのためにホームセンターへ電動ドライバー買いに走りました。

加えて普段DIYなんてしたことなかったし、新築の壁に穴を開けるなんて緊張するし、結構時間がかかりました。DIY慣れてる方なら30分くらいで終わるらしいです。

設置後

設置に関して

1.補助板を使う

柱の見えないクロス張りの壁に固定する場合に使用します。写真の白くて長方形の板です。桟や柱にビス止めする場合は補助板を使わなくても大丈夫らしいですが、使った方が安定するみたいです。

2.補助板は幅木の上でも問題無し

説明書には幅木の部分がすっぽり収まるようにホームセンターなどで補助板切っても良いみたいなことが書かれているんですが、そんなの面倒なので、単純に幅木の上に設置しちゃって良いと思います。

幅木分の隙間はあるのでそれが心配という方は下からつけた方が良いですが、数cmなので赤ちゃんや犬は頑張っても通れないのでは?と思います。ちなみにうちの幅木は6cmでした。

体のやわらかい猫とか、すごく小さいペットだと通れちゃうかな。

1ヵ月使用した感想

最初の数日は慣れなかったけど、すぐ慣れた

ゲートを開けて通る時、最初外し方が良く分からなくて手間取りました。

親指と人差し指でグレーのスイッチをぐっと下に下げると

上のグレーの出っ張りがへこむので、外れます。

ロールは既にロックがかかっており、ここを外しても巻き取られることは無いので、落ち着いて外せば良いのですが、若干力が要りました。まぁ簡単に外れたらそれはそれで困るので、こんなもんかな。慣れたらすぐできます。

意外と丈夫で安心感がある

一見、ペラペラで大丈夫かなと思いますが、ロール部分はロックがかかっていて且つピシっと張られているので、多少寄りかかってもへたることはありません。娘が泣いてガンガンやってもビクともしませんでした。

見た目も白で壁も白ならそんなに目立ちません。下がバリアフリーになっているのもポイント高いです。

巻き取るとスッキリ!

これが最大の魅力じゃないでしょうか。今は犬を預かっているので基本閉めていますが、返した後はゲートは使わなくなります。もし2人目ができて動くようになったらまた使うでしょうが、それまではいらないですね。

それでも、巻き取り式のゲートなら使わない時でもこんなにスッキリ。

ドア式のものだと使わなくなったら外してしまわないと邪魔ですよね。これは非常にスタイリッシュ!

ただ、またゲートを閉める時は、8秒以内に閉じないとロックがかかってしまうので、うまくできなかったらまたやり直しになります。でもうちのように狭い範囲であれば、8秒あれば余裕で閉められました。

まとめ

総合して、とっても良い買い物をしたと思っています。使う時期は限られてますし、使わない時に巻き取れるのはすごく便利です。

しかもこれだったら斜めにも取り付けられるし、かなりフレキシブルな商品だと思います。うちのような狭小住宅にはぴったりでした。

スルする~とゲイトのホームページに開け閉めの動画もあるので、興味のある方はのぞいてみてください!

それでは!