突発性発疹とは?保育園はいつから登園して良い?発症に気づかず対応を誤った話

娘が1才11か月にして突発性発疹にかかりました。出産・育児本で赤ちゃんがかかる病気については勉強していたので、突発性発疹自体は知っていましたが、実際なると焦るものです。しかも、聞いていたのと少し違って、少々対応を誤ってしまいました。

まだ突発性発疹になっていない赤ちゃんには、うちと同じ間違いをして欲しくありません!反省の意味も込めて、発症から完治までをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

突発性発疹とは

生後6カ月〜1歳台の小児に好発する、ヒトヘルペスウイルス6あるいは7による急性ウイルス感染症です。

38〜39℃台の発熱が3、4日続いたのち、解熱とともに全身に発疹が現れます。発疹は2、3日で消失します。発熱と発疹以外に比較的多くみられる症状として下痢があります。

突発性発疹(小児バラ疹)の症状や原因・診断・治療方法と関連Q&A

突発性発疹へのイメージ

・大体2才までにほとんどの子がかかる
・治療法は特に無い
・不機嫌病と言われるほど、子供が不機嫌になる

娘は大して熱も出さずにもう1才11か月。もはやかからないのでは!?と思っていました。

発症から治癒まで

1日目(土曜) 発熱
→夜寝た後に触ったら熱いなーと思ったが、寝てしまったので体温測れず。

2日目(日曜) 朝熱を測ったら39℃超え
→なんとなく突発性発疹かなと思う。治療法が無いなら明日小児科に行っても仕方がないかなと思い、とりあえず様子を見ることに。

3日目(月曜) 朝は37℃台だったものの、夜には40.2℃に!
→これまで40℃超えたことが無かったため、これは突発性発疹だと確信。明日は小児科に行こうと決意。

4日目(火曜) 朝から平熱。その後熱も上がらず発疹も出ない。
→突発性発疹じゃなかったんだと拍子抜け。小児科はキャンセル。でも鼻水は出ていたため、耳鼻科へ。すると右耳が中耳炎と診断される。

5日目(水曜) 熱も無いし、保育園へ登園。
夜にふと見るとお腹と背中全体に発疹が!!!ここでやはり突発性発疹だったことを知る。中耳炎は高熱の影響でなったと思われる。

6日目(木曜) 朝は発疹がマシだったが、夜見ると全然治ってなかった。

7日目(金曜) 発疹もだいぶ薄くなり、ほぼ分からなくなった。
→発疹が出てからものすごく不機嫌だったのも治った!

8日目(土曜) 完治!

対応を誤ったこと

小児科にすぐ行かなかった

土曜夜に発熱したのですぐに小児科には行けませんでしたが、少なくとも月曜日に行くべきでした。

発疹が出ないと突発性発疹とは診断されないと思いますが、その時点で鼻水の薬をもらえてれば中耳炎にはならなかったかもしれない。既に中耳炎になっていたとしても、中耳炎の薬をすぐもらえたかもしれない。それに、40℃超えてぐったりしている時に解熱剤(座薬)をあげられたかもしれない。

結果としてそこまでおおごとにならずに終わりましたが、自分で勝手に判断してしまったので対応が遅れてしまいました。

想像を超える不機嫌さ

さすが不機嫌病というだけあって、発疹が出てからがすさまじかったです。中耳炎も併発してしまったので、いっそう不機嫌になってしまったのかもしれませんが。

・常に抱っこをせがまれる→できないとぎゃん泣き
・食欲が無いから食べ物で遊ぶ→怒るとぎゃん泣き
・夕食後お風呂に入る頃には眠くなる→無理やりお風呂に入れてぎゃん泣き

というわけで、保育園から帰ってきて寝るまでほとんど泣いていました。あまりに抱っこをせがむので、仕方なくおんぶしながら家事をしていたら、そのおかげで腰痛になりました(^-^;

保育園

突発性発疹は感染力が低いらしく、インフルエンザのように熱が無ければ登園しても良いとされています。ただし、保育園の方針にもよるらしいので要確認です。

娘の通う保育園は、医師が書く「登園許可証」はいらないものの、親が書く「感染症報告書」の提出が求められます。「感染症報告書」には、「医師の許可が出たので登園します」という趣にか旨の文言がありました。

うちの場合、突発性発疹でないと思って登園させた当日夜に発疹が出ました。慌てて調べたところ、発疹が出ている時には既に感染力は無いため、熱が下がって1日空ければ登園して問題無いとの情報を入手。それには当てはまったため、一安心しました。

ただ、小児科に行っていないので「感染症報告書」は提出していませんし、結局保育園には突発性発疹だったと報告できていません・・・すみません以後気を付けます<m(__)m>

まとめ

事前に色々調べて知識をつけていると、ある程度症状から病名を推定できますが、基本は異変を感じたらすぐに小児科の受診をオススメします。

やっぱり突発性発疹て2才までになるんですね。必ずなると思っていた方が良いと思います!

予想外の展開ではありましたが、もし突発性発疹でなく中耳炎だったら、じゃあ近々突発性発疹になるのか・・?と怯えることになっていたので、無事に終えられたのは良かったかな。

それでは!

スポンサーリンク