イヤイヤ期にイライラが止まらないママたちへ!気持ちを落ち着かせる方法5つ

スポンサーリンク

子育てにイライラはつきもの

育児に追われて日々過ごしているお母さんにとって、イライラはつきもの。思い通りにならないことが多いですよね。

うちの娘はもうすぐ2才。今まさに、イヤイヤ期まっ盛りです。ちょっとでも思い通りにならなければ床に転がって大泣きしたり、物を投げたり、嚙みついたり、、うまく言葉で表現できないもどかしさが行動に溢れています。

頭では理解しているものの、こちらだって余裕が無い時は構っていられません。大泣きしながら床に転がっている娘を見て思わず大きなため息をついたり、言うことを聞かない時についつい怒鳴ってしまったり。あと1~2年これが続くかと思うと正直うんざりです。

イライラしてしまった時、私は気持ちをリセットするためにいつもしていることがあります。

気持ちを落ち着かせる方法5つ

まさにイヤイヤしている時の写真を撮る

子供が泣いてわめいてもやりたいことって、大概たいしたことないですよね(笑)。こんなことにこんな泣くの!?って思うことも多いので、今しかないシャッターチャンスと捉えるとちょっとおもしろくなります。

写真って、当然ですが子供の笑顔が多いです。日頃かわいい子供の笑顔を記録しようと夢中になるものですが、意外と泣いている時とか怒ってる時って親が対応に追われるせいか、写真が少なかったりします。

成長すれば成長するほど泣き顔の写真なんてありません。イヤイヤ期のまさに今が貴重な瞬間だと思えば、うんざり度が少し軽減する気がしませんか?

クイックルワイパーを持ちたくて大号泣の図(笑)

子供の寝顔を見る

イライラしてしまうのを止められない時だってあります。もういい!!って放置してしまったり、怒鳴ってしまって自己嫌悪に陥る時も。

でもやっぱり我が子はかわいいもので、寝顔を見るととーってもとーっても癒されます。こんなに純粋無垢でいとおしい存在があるのかと思うくらい、幸せな気持ちになるんです。ついさっきまでイライラプンプンしてたのがウソみたいに。ずっと見ていても飽きません。

自分が母親であることを再認識するくらい、母性が溢れ出ます(笑)

子供の小さい頃の写真・動画を見る

これはさっきの「寝顔を見る」と同じような効果でもありますが、「今」の育児に疲れている時に昔の写真を見ると、こういう時もあったなと、より子供がいとおしくなります。

出産した時の写真を見返してみてください。もしくは、もっと遡って妊娠中の写真でも良いです。生まれてくるのを待ち望んでいたことや出産した時の気持ちが蘇って、今子供が元気に育って育児ができていることに感謝したくなるんです。

諦める

何にイライラするって、自分の思い通りにいかないからイライラするんですよね。洗い物をしたいのに抱っこをせがまれて号泣される、ご飯を食べて欲しいのに食べてくれない。服を着て欲しいのに着てくれない。

家事や育児に追われていると、あれもしなきゃこれもしなきゃと無意識のうちに頭の中で予定がギチギチになっているものです。全部こなそうとするからできなくてイライラするので、もうたまにはやらなくたっていいと諦めることも大切。

1日くらい洗い物ができなくたってどうにかなる。少しくらい食べなくたって死にはしない。

もちろん、危ないことや子供の体調に関わることは諦めず無理やりでもやめさせるべきです。ただ、あれもこれもと焦らず、少しくらいタスクを減らしてもなんとかなることを頭の片隅に置いてみましょう。人間、追い込まれているとどんどん余裕が無くなるので。

おいしいものを食べる

おいしいものと言ってもなかなか普段おでかけはできないので、もっぱらコンビニスイーツや手軽に買えるフードになります。でも、最近のコンビニスイーツはケーキ屋さんにも負けないくらい完成度の高くておいしいものが多いですよね。

あー今日は疲れたな。1日がんばったな。って時に自分の好きな物を食べるとご褒美をもらえた気分になり、明日もがんばろうって思えます。「プチ贅沢」おすすめです。

私は結構単純なので、自分の好きな物やおいしいものを食べるとすぐ幸せになれます(笑)

まとめ

これまであげた5つの方法は、イライラの原因が育児以外のことにも効きます。働いているお母さんは、仕事でイライラすることも多いでしょう。私もしょっちゅうです。

育児に関して言えば、目に入れても痛くないと思えるほどかわいい我が子のことでこんなにイライラしてしまっている事実を思うと悲しくなります。でも、常にニコニコ全くイライラしない菩薩のような人っているんでしょうか。これまでたくさんのお母さんたちを見てきましたが、聞いたことがありまえん。皆そうなのですから、自分を責める必要は全く無-い!!

イライラしてしまうのは止められないし、仕方のないことなので、それをどうやってリフレッシュするか、楽しいことに変えるかが大事だと思っています。日頃からこのことを意識して、うまくイライラとつきあっていけたら良いですね。

スポンサーリンク