帝王切開のスケジュール・痛みは?実際に経験して感じたこと

スポンサーリンク

帝王切開とは?

私は逆子が最後まで治らず、予定帝王切開で2015年4月に娘を出産しました。

「逆子が治らないと帝王切開になる」

そうお医者さんから言われ、初めて帝王切開のことを知りました。
いや、正確に言うと「帝王切開」という言葉は知っていました。
でも”どういうものなのか”は知らなかったんです。

帝王切開について調べてみた

・どうやら手術をして赤ちゃんを取り出すらしい
・しかもその手術は、下半身麻酔で意識がある中で行われるらしい
(病院によっては意識が無いまま手術が行われることもある)
・手術の痕が残るらしい
・切り方には、縦切りと横切りがあるらしい
・手術後はめっちゃ痛いらしい

なんか、、思ってたよりおおごとだ・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

というのが第一印象でした。

帝王切開の世間のイメージ

そういえば、友達が妊娠中、「帝王切開だけは絶対に避けたい」って言ってたな。
まさに今、私はその絶対に避けたいことになろうとしている・・

一般的に帝王切開についてどう思われているのかも調べてみました。

・手術して痕が残るなんて絶対に嫌だ
・帝王切開になるなんてかわいそう
・陣痛を経験しなくて良いから楽

楽って思われちゃうんだ・・
確かに、皆が陣痛で鼻からスイカ出してる間、私は麻酔してて全く痛くないんだもんな。

帝王切開に対するイメージがどれも悪くて、悲しくなりました。
と同時に、私はどうなってしまうんだろう、無事にお産を終えることができるのかと不安にもなりました。

帝王切開の人数は年々増加している

今では、約5人に1人が帝王切開で出産

日本で「帝王切開」により出産した人は、2014年の統計では、総出産数およそ100万人のうち19.7%にあたる約20万人と推定されています。 つまり妊婦さんの約5人に1人が帝王切開により出産していることになります。 また、出産数自体は減少しているにもかかわらず、帝王切開による出産は増加しています。
理由として、赤ちゃんの安全を重視する様になったことや医療技術の進歩により安全な手術が可能となってきたことが挙げられます。

出生数と帝王切開数の推移 グラフ

                                                                                                                 <帝王切開ナビ>より引用

意外と帝王切開で出産している人って多いんですね。
最後まで逆子が治らない人って3%~5%程度らしいので、”なんで自分は”と思っていましたが、帝王切開自体の割合がこんなに高いことを知って、少し救われました。

実際に帝王切開を体験して

私が出産した病院(東京マザーズクリニック)のスケジュール

私は予定帝王切開だったので、帝王切開に対する覚悟ができたうえで病院に向かうことができました。
家族も会社を休んだりして都合をつけられましたし、穏やかに過ごせました。

<当日>

☆入院前日の夕食後から食事は無し
☆飲水はお水であれば早朝の6時まで
☆6時から入院時までは、OS-1(1本)を飲む
☆入院時にはなるべく化粧はしない
☆指輪などの装飾品を外し、マニュキアも取る
☆緊急時に備えてコンタクトは外し、眼鏡にする

9:00 入院手続き
逆子の場合、最終確認のエコー検査

9:30 手術衣に着替え、弾性ソックスを履く
問診・検温
点滴で水分・カロリー補給

☆手術開始30~40分前に手術室に入る

12:00頃 心電図モニターや自動血圧計をつける
横向きに寝て背中から麻酔を入れる
※手術後鎮痛剤を入れるため背中にチューブを挿入

13:00頃 麻酔
尿管を挿入したら手術が始まる
※手術開始15分くらいで赤ちゃん誕生!

☆心電図モニターや自動血圧計は翌朝まで装着
☆術後の痛みは、背中から鎮痛剤を入れて軽減

<翌日>

・採血し、心電図と自動血圧計を外す
・回復状態に問題無ければ、白湯
・白湯で問題無ければ朝食(お粥)
・起立、歩行練習後に尿管を外す
・トイレで排泄
→できれば点滴を外して病室に移動
・体調が良ければシャワーを浴びることも可能

術後初めての歩行

私は思ったよりスタスタ歩けました(笑)
看護師さんいわく、普通30秒くらいで歩ける距離なのに、人によっては痛くて30分くらいかけて行くこともあるそうです(^-^;

でも私は5分くらいで行けたので、看護師さんに「痛みに強い」と言われました。
私が「痛みに強い」のかは定かでないですが、意外と大丈夫でしたよ!

痛みは鎮痛剤でだいぶ軽減された

手術して丸一日は背中のチューブから鎮痛剤を入れてもらえるので、全然痛くありませんでした。

問題はチューブを外したあと。

確かに痛い。
手術痕なのか後陣痛なのか?むしろどっちも?
とにかく、ズキズキ痛みました。

でも、鎮痛剤の飲み薬と座薬を定期的に処方してもらえたので、だいぶ痛みは軽減されました。
痛みが強くなった時には、すぐナースコールを押して座薬をお願いしていました。

そんなこんなで、帝王切開でも術後4日目には退院したのですが、退院時にはもうすっかり普通に歩けていました。
でも念のため飲み薬は処方してもらって、退院後も数日は引き続き飲みました。

帝王切開後に感じたこと

誰からも「楽」とは言われなかった

最近は帝王切開の人が増えてきているからなのか、皆さん帝王切開の話を聞いたことがあるようです。
必ず、「術後痛いんでしょ?」「大変だったね」と言われます。

こちらが不快になるような言葉は一度も言われませんでした。
あまりにも術後の痛さについて言われるので、「経験してないけど多分自然分娩の方が痛いと思う」と言っています(笑)

だって、鼻からスイカ出すほどの痛みじゃ全然無かったし!
そういう意味では楽だったのかな・・複雑(笑)

逆子と言われている妊婦さんから良く相談を受ける

妊娠後期で逆子の人って結構いるんですね。
何人かに相談されましたが、結局皆最後は自然と治ってました。

治ったよー!って嬉しそうに報告されるんですけど、嬉しい反面、なんだか複雑な気持ちになります。
皆、当たり前ですけど帝王切開になりたくないんですよね。
でも、私はその帝王切開経験者なわけで。
皆もちろんそんなつもりは無いんですが、自分の経験を否定されているような。

なんて自分はマイナーな経験をしているんだと改めて感じさせられます。
心の中で、”私と同じように帝王切開を経験すれば良いのに”と思ってしまう自分もいます。

あー、そんな自分が嫌になりますね!
ま、相談に乗るって言っても、私は結局治らなかった方なので説得力無かったと思いますけどね!笑

まとめ

帝王切開だって立派なお産です!
色々不安になると思いますが、何より赤ちゃんが無事に生まれてくれることが一番です。

大変な出産を乗り越えたことに自信を持って、前向きに考えましょう!

スポンサーリンク